助成金

ホーム » 助成金 » 代替要員確保支援助成金(休業コース)

代替要員確保支援助成金(休業コース)

管轄

公益財団法人 兵庫県勤労福祉協会

概要

育児・介護者の就業継続を支援するため、中小企業の育児・介護休業の取得及び育児・介護による短時間勤務制度の利用を促進することを目的として、助成金が支給されます。

期間

随時

補助金額

代替要員の賃金の1/2(上限月額10万円、総額上限100万円)

対象者

【支給対象事業主】

  1. 常時雇用する労働者が全体で300人以下の企業
  2. (会社等)
    常時雇用する労働者が100人以下の兵庫県内の事業所
    (上記以外の事業主:医療法人、社会福祉法人、NPO法人、学校法人、個人事業主など)
    常時雇用する労働者が20人以下の兵庫県内の事業所である
  3. 育児・介護休業法に基づいて、育児休業・介護休業制度、育児・介護による短時間勤務制度、及び休業者の原職復帰について、労働協約又は就業規則等に規定している
  4. 3.により制度化された育児・介護休業の取得者がおり、原職等に復帰する予定である
  5. 育児・介護休業期間中に代替要員を3ヵ月(介護の場合は1ヵ月)以上確保する予定である
  6. ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言の宣言企業である
  7. 過去3年間に労働関係法令に関する重大な違反がない
  8. 過去3年間に悪質な不正行為により、国、地方自治体から本来受けることのできない助成金等(委託料を含む)を受け、又は受けようとしたことにより助成金等の不支給措置を取られていない
  9. 雇用保険の適用事業主である
  10. 風営法第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業及び同条第11項に規定する接客業務受託営業のうち店舗型性風俗特殊営業から委託を受けて当該営業を行う事業主ではない
  11. 国、地方公共団体、特定独立行政法人及びこれらと密接な関係のある公社等ではない
  12. 県税の滞納がない
  13. 暴力団又はその統制下の団体ではない
  14. 当該申請年度の本助成金の受給が同一事務所で2件以内である
  15. 法令上の人員配置基準のある施設については、基準を超える配置をしている

【育児・介護休業取得対象者】

  1. 兵庫県内の事業所に勤務している
  2. 育児・介護休業を開始する日までに同一企業に引き続き1年以上常時雇用されている
  3. 育児休業を3ヵ月(介護休業の場合は1ヵ月)以上取得する予定である
  4. 育児・介護休業終了後に原職等に復帰している

 

【代替要員対象者】

  1. 「新たに雇入れ又は新たに派遣」により確保する者である
  2. 育児・介護休業取得者と同一の事業所及び部署で勤務しており、育児・介護休業取得者の職務を代行するものである
  3. 1週間の所定労働時間が週30時間以上である

注意点

兵庫県のみの制度です。
常時雇用の方の代替要員であるため、週30時間以上勤務する者に限られます。
代替要員が派遣労働者であっても問題ありません。

お問い合わせはお気軽に

ご相談・ご提案は無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 選ばれる理由
  • お気軽にご相談下さい
  • 助成金
  • お客様の感想 実績多数
  • よくある質問 親身に対応いたします
  • メールマガジン配信 税金についてのお役立ち情報
  • 代表者ブログ
  • 神戸相続税専門センター