コンサルティング

会計を切り口にしたコンサルティングで、
お客様をサポートします。

このようなお悩みはありますか?

  • 事業規模が拡大し、経営状態が的確に把握し難くなってきた。
  • 適切なタイミングで正確な財務データを把握できるようにしたい。
  • 企業の売却・買収をしたい。
  • 企業を合併・統合および整理したい。
  • M&A をワンストップで支援してほしい
  • 後継者問題があり、事業整理をサポートしてほしい。

ジャスト会計事務所のコンサルティング業務

管理会計の導入

経営者様にとって、必要な情報を適切なタイミングで伝えるための仕組み、すなわち管理会計の導入を、お客様に適した管理会計システムの導入からご支援することが出来ます。


M&A および財務デューデリジェンス

M&A における戦略から事業方針の管理、オペレーションを総合的にコントロールし、ワンストップで効果的なM&A の実現をサポートします。
また、適切なM&A の判断材料となる「財務デューデリジェンス」や「企業価値評価」についても、豊富な実績とノウハウをもつジャスト会計事務所が一貫して実施します。

コンサルティング事例consulting case

ジャスト会計事務所では、これまでにもあらゆるコンサルティング事例についてご相談を承ってきました。
たとえば、事業規模が拡大し、経営の管理体制が追い付かなくなってきた経営者の方々には、「管理会計の導入」について、システム導入からご提案し、手厚くご支援してきました。
また、M&Aといった企業の売買・整理統合の事案の際には、経験豊富な公認会計士メンバーを中心にジャスト会計事務所が誇るスタッフワークで、財務デューデリジェンスや企業価値評価を実施し、的確な評価方法を提示してスピーディーな企業判断を促し、クロージングまでワンストップでコンサルティングサポートを行ってきました。
あらゆるコンサルティング実績を誇るジャスト会計事務所が、お客様にとって最適なご提案と最高のソリューションをもたらします。ぜひお気軽にご相談ください。

M&A のための財務デューデリジェンス及び株価算定

上場企業のM&A においては、売手側も買手側もそれぞれに売手側企業の株価算定を行うことが一般的になっています。
また、一般的には、買手側は売手企業の財務的な実態を把握する必要があるため、財務デューデリジェンスを実施します。

point

  1. 財務デューデリジェンスの実施
  2. 潜在的なリスクの洗い出し
  3. 株式の評価

解決策の提案

公認会計士として財務デューデリジェンスを実施するとともに、弁護士や司法書士と連携し法務デューデリジェンスも実施。
買手側に対して、そこで発見された諸々の問題点について、会計的に適切にリスク評価したものを報告書にまとめました。
また、その財務デューデリジェンスの結果を踏まえ、株式価値の評価を実施しました。
具体的には、DCF 法による評価に加え、類似会社マルチプル法と時価純資産法による評価を行いました。

補助金の活用コンサルティング

補助金は、「厚生労働省系の雇用関係の補助金」と「経済産業省系の技術開発関係の補助金」の2つに分類されます。
後者の技術系の補助金については、申請内容の優位性が認められて初めて補助を受けることが可能になるため、申請書作成の際には、審査ポイントを踏まえた記載が求められます。また、補助金の税務上の取り扱いについても配慮が必要です。

point

  1. 申請書の記載方法
  2. 補助金の会計処理
  3. 税額控除の検討

解決策の提案

ジャスト会計事務所では、「補助金の申請」について豊富な実績があり、審査されるポイントを踏まえた効果的な申請書を作成することが可能です。
また、実際の補助金申請の検討段階においては、補助金の会計処理についても、事前に検討を行い、圧縮記帳の適用の可否や、対象となる補助金に応じた税額控除の適用可否を検討しています。

管理会計

事業規模が拡大してくると、経営者が意思決定をする上で、決算書上の数値だけでは不十分になってきます。
例えば営業所が何十ヶ所もあるような会社において、経営者が全社の売上高しか把握していなければ、どの営業所を廃止してどの営業所に注力するべきかといった意思決定ができません。
また、営業所別の利益情報を把握していなければどの営業所が利益を獲得しているのかもわかりませんし、どの営業所がどれだけのキャッシュ・フローを獲得しているのか、どういう経営改善が可能なのか、そういった議論を行うこともできません。
事業規模が小さいうちは経営者の「肌感覚」により経営していくことが可能でしょう。
しかし、事業規模が拡大し、組織が充実してくれば、経営者の「肌感覚」が通用しなくなってきます。
そのときには、経営者にとって必要な情報を必要なタイミングで伝えるための仕組み、すなわち管理会計の導入が必要です。

管理会計の分類

ジャスト会計事務所では、様々な管理会計システムの導入支援が可能です。

プロジェクト規模

M&A・財務DD

後継者問題や、事業拡大のため、M&Aという選択肢を選ばれるお客様が増えております。
ジャスト会計事務所では、仲介から財務デューデリジェンス、企業価値評価まで幅広くお手伝いしております。

仲介

最終契約/クロージングまで支援致します。

財務デューデリジェンス

M&Aの実績を持つ公認会計士を中心としたメンバーによりデューデリジェンスを実施します。


財務デューデリジェンスでは、時価ベースのバランスシートを作成するとともに、収益のうち過去の損益の異常値を排除することにより、経常的な収益力を判定します。
ジャスト会計事務所では、監査業務の経験や投資会社における上場および非上場企業のM&Aの実績を持つ公認会計士を中心としたメンバーにより、デューデリジェンスを実施し、以下の財務リスクを明らかにいたします。

財務リスク
  • 保有債務
    偶発債権の有無
  • 負債の過少計上
  • 重要な顧客への
    依存度
  • 重度な
    薄外債務の発見
  • 追徴課税の
    可能性
  • 不良資産の
    存在